街中に出現、ヨーロッパを繋ぐ「どこでもドア」


突如、街中に出現したこれらのドアは、いったい何?



他の都市の名称が書かれています。自転車が置かれたものまで。



都市から都市へと鉄道でつなぐフランスの鉄道会社SNCF社が、人々を繋ぐために生み出した次世代のカラフルなドア。その向こう側には、なんとヨーロッパ各地の首都が広がっているのです!



実際に現地の人とコミュニケーションを取ることができる、まさに驚きの「どこでもドア」。実はこれ、SNCF社がプロモーションとして作成した映像です。

種明かしをすれば、遠隔カメラで諸都市のライブ映像を映し出す大型ディスプレイが「ドア」の中に仕込まれているということですね。会話やゼスチャーでコミュニケーションできますが、残念ながら向こう側に行くことはできません。

制作は広告エージェンシーのTBWA Paris。「Europe Is Just Next Door(ヨーロッパはすぐ隣のドアに)」というメッセージと共に、ヨーロッパ各地はこんなにも近いんだという感覚を与えてくれます。

ちょっとメルヘンですね。

Portas no meio de praças conectam cidades européias [B9]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事