いえなか最強のストレス解消法。アロマとヨガを組み合わせて「極上の癒し」を手に入れよう

是非、今日から試してほしい!

現代人にとって「ストレス」は切っても切れない関係。仕事のイライラや人間関係の悩みは尽きることがありません。溜まったストレスをうまく発散させることも、社会人には大切なスキルの一つです。

今回は、おうちでできるとっておきの「ストレス解消法」を紹介します。それが「アロマとヨガ」を組み合わせた方法です。ヨガで体の凝りをほぐすだけでなく、アロマを使うことでよりリラックス効果を促進させ、心と体の両方から癒されようというもの。

アロマもヨガもやったことがないんだけど…

そんな人でも大丈夫。ここで紹介するのは誰でも簡単にできるものです。高価な道具や面倒な準備は一切ありません。必要なのはこのアイテムだけ。



先日、花王から新発売されたばかりの「リセッシュ ヒーリングアロマ」。

人工香料が一切使用されていない、100%天然アロマのアロマミストで、とにかく「香り」にこだわって開発された商品です。気軽に「100%天然アロマ」が楽しめると、発売以来話題となっています。

使い方は、ただ空間や衣類、布などにスプレーするだけというシンプルさ。天然アロマをこの手軽さで味わえるのはかなり大きな魅力です

お部屋で「リセッシュ ヒーリングアロマ」を使うだけでも十分に「癒し」効果は期待できますが、さらにワンランク上の「極上の癒し」を体感するには「ヨガ」を組み合わせるのがオススメ。

そこで、「リセッシュ ヒーリングアロマ」の魅力をさらに引き出す「ヨガ」の取り入れ方を教えてくれたのが、銀座の「HAS YOGA」でヨガインストラクターとして活躍されている村上華子さんです。



── ストレスを抱えた現代人にとって「ヨガ」はとてもオススメのストレス解消法だと聞きましたが、それはなぜでしょうか?

村上さん(以下、村上):ヨガの誕生は5000年以上前のインドだと言われています。その頃のインドは天災や争いが続き、生きることがとても大変な時代でした。当時の人たちは、そのストレスの多い世の中を生き抜くためにも、自分の心を平穏に保つ必要があり、その考えから「ヨガ」が生まれたと言われています。つまり、ヨガは「癒し」を渇望した人々の中から自然に生まれた「人類の英知」のようなものなんです。

── ヨガとアロマを組み合わせるメリットってなんでしょう?

村上:アロマは嗅覚を通って脳にダイレクトに影響します。アロマを使うと心の警戒心が緩み、リラックス状態に入りやすくなります。アロマ効果で「心」の緊張感がほぐれると、同じように「体」の緊張感も取れやすくなるため、効果的なヨガを行うことができます。ヨガ初心者にはアロマを使ったほうが、よりヨガの効果を実感できるはずです。



── ヨガが「癒し」と結びつく理由を教えてください。

村上:「癒し」には様々な種類があります。横になって体を休めることが「癒し」になることもあれば、家でダラダラとしている人にとっては、ウォーキングなどで体を動かすことが「癒し」になることもあります。それをヨガではで表現することがあります。陰は「静か・穏やか」陽は「活発・動的」といったイメージです。心身のバランスがその陰と陽の中間になるように意識することが「癒し」につながるものと考えられています。

── 具体的に「リセッシュ ヒーリングアロマ」と「ヨガ」をどのように組み合わせるのが効果的でしょうか?

オススメは、爽快な香りが特徴の「リフレッシングシャワー」には「陽のポーズ」を組み合わせて、気分を変えたい時、朝起きた時などに効果的な「アクティブなヨガ」を行うこと。また、穏やかな花の香りが印象的な「リラクシングシャワー」には「陰のポーズ」を組み合わせて、寝る前であったり、心を鎮めたいときに効果的な「静かなヨガ」を組み合わせるのが効果的ではないでしょうか。



── 「リセッシュ ヒーリングアロマ」を使うタイミングは?

村上:ヨガ前に空気中に数回スプレーして下さい。また、ヨガマットや着ている服にスプレーしてもいいと思います。ヨガの呼吸に合わせてアロマの香りがほのかに漂い、気持ちよくヨガが行えるはずです。

リフレッシングシャワーと陽のポーズ

その1:門のポーズ

1. 両足を腰幅に開き、膝立ちになる。
2. 右足を長く伸ばし、右手は掌を天井に向けて太ももの上に乗せる。
3. 息を吸いながら左手を上に伸ばし、息を吐きながら右に側屈。
4. わき腹が大きく引き伸ばされていく感覚を味わう(5呼吸キープ)。
※手足を入れ替え、反対側も同様に行います。


側屈により肝臓・腎臓を刺激、解毒作用とエネルギー(気)の循環が良くなります。また、普段とらない姿勢になることで、新しい視点から物事を見つめるきっかけになります。


その2:らくだのポーズ

1. 両足を腰幅に開き膝立ちになる。両手は腰に。
2. 下腹を軽く引き締め、息を吸いながら上体を反らし、踵に手を置く。
3. 胸の中心からの広がりを感じながら深呼吸(5呼吸キープ)。
※余裕があれば、かかとに手をかけたまま足の甲を床に着けてみましょう。


脚、腹、胸、首を刺激、全身を活性化させます。胸を大きく開くことでポジティブな感情を体から芽生えさせます。

リラクシングシャワーと陰のポーズ

その1:合蹠(がっせき)のポーズ

1. 両膝を左右に広げたら床に近づけ、足裏を合わせる。
2. 両かかとを手前に引き寄せ、背筋を伸ばす。
3. 息を吐きながら、心地よい刺激を感じるところまで前屈を深める。(10呼吸キープ)


下腹部の血行を促し、冷え性を緩和、ホルモンバランスを整える効果があります。意識を中心に集めることで心を穏やかにすることができます。


その2:眠り鳩のポーズ

1. 四つんばいの姿勢から、両手の間に右膝を出し、右太ももをマット端と平行に揃える。
2. 左足を後ろに伸ばし、つま先までが真っすぐになるように整える。




3. 両手で手枕を作り、吐く息で上体を前に倒し、おでこを両手の上に乗せる。
4. 目を閉じ、足の付け根、お尻の筋肉が伸びていく感覚に意識を向ける。(10呼吸キープ)
※手足を入れ替えて、反対側も同様に行う。


下半身のストレッチ効果で骨盤や腰痛の改善になります。また心理面と深い関係のお尻を伸ばすことでストレス解消になり、前屈姿勢で心を穏やかにしてくれます。

*  *  *


テレビもパソコンも消した静かな空間で「100%天然アロマの香り」を楽しみながら、自分の心と体とじっくり向き合ってみてください。不思議と心が穏やかになってくるはず。お酒を飲んだり、スイーツをバカ食いしなくても、きっと効果的なストレス解消になるのではないでしょうか。


リラクシングシャワー(左)とリフレッシングシャワー(右)


村上さんも「予想以上にいい匂いで驚いた」という「リセッシュ ヒーリングアロマ」。ヨガのときにアロマを使うことは「癒し」効果を引き立てるだけでなく、使っている内に「アロマの香り=ヨガ」と無意識で結びつき、香りがするだけでも体が「リラックス/リフレッシュ状態」に切り替えやすくなると言います。

アロマを、感情を切り替える「トリガー(きっかけ)」として使うことができるのは「スプレーするだけの手軽さ」「100%天然アロマ」という特徴をもった「リセッシュ ヒーリングアロマ」だからこそ。まずは、店頭でその「本物の香り」を試してみて下さい。

天然アロマの敷居をグッと下げてくれる「リセッシュ ヒーリングアロマ」。今後、仕事や勉強でストレスを抱える現代人の強い味方となってくれそうです。


参考記事

「アロマは好きだけど、面倒なのはイヤ!」そんな人にピッタリなアイテムが登場
本格的アロマミスト「リセッシュ Healing Aroma」の使いこなし術 – メディアクリエーター・ハイロック編

Healing Aroma[花王]
撮影協力:アインソフ
Photographed by Nagaomi KAWAHARADA

この記事をシェアする: