本当の火のように揺れるお洒落なLEDキャンドル


最近は明るい蛍光灯よりも光度を落としたオレンジ系の照明が人気ですが、ドイツの照明デザイナーIngo maurerさんが製作した「My New Flame」という作品がものすごく美しいんです。キャンドルの炎のゆらめきをLEDで表現しています。



128個のLEDランプでできていて、炎が風によって揺らめく動きがプログラミングされています。回路基板がそのまま見えているのも無機質でおしゃれですよね。もちろんコンセントなど野暮ったいものはなく4本の単3電池で使用できます。



カラー展開は黒と赤の2種類あります。こうやって天井から吊るすこともできます。これはすっごいおしゃれ。それにホントのろうそくでは危なくてできません。

実際に揺らめいている姿はこちらの動画をご覧ください。

本当のキャンドルの炎も素敵ですが、本物の火ではあぶなくてできないレイアウトも可能なこの「My New Flame」。いろんな場面で活躍しそうです。

購入はこちらからどうぞ。

[Ingo Maurer My new flame]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

映画と音楽とWebの世界に溺れる2児の父。映画をベースに音楽・ファッション・アートなどを扱ったWebマガジン「Cinetunes」、地元福井を情緒的に紹介するローカルWebメディア「I'm here」、発達障がいや精神障がいにちょっぴり役立つ情報を発信するWebサイト「チクとテト」を運営中。実は本業は不動産屋です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事