DNA構造に魅せられたねじれデザインのブックラック


リビングの真ん中に置ける本棚って、どんなデザインでしょうか?



支柱を中心にねじれていく両側のスチールラック。その各段に数冊ずつ本を重ね置くと、全体がまるでDNAのらせん構造のようになる、イタリアはCattelan Italia社のブックラック「DNA bookcase」はいかがでしょうか。



全13段、高さ約1.8メートルで存在感があります。読書好きの心をくすぐる、お部屋の中心に塔を建てたようなインテリアですね。



カラーバリエーションはホワイトとブラック。残念ながら日本での販売はないみたいです。地震が多い日本には向かないかなぁ。

Modern Double Helix Bookcase Inspired by DNA Structures [MY MODERN MET]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事