アートで道を楽しく


Roadworthこと、Peter Gibsonさんがモントリオールの道に絵を描き始めたのは2001年のこと。元々はモントリオールの街にもっとバイクレーンを作ってほしいというキャンペーンで始めたのが、いつの間にかアートプロジェクトになったというのです。

アーティスト名のRoadsworthは「Wordsworth(イギリスの詩人、William Wordsworthの名前)が言葉の詩人なら、Roadsworthは道の詩人である」という考えのもと付けられている通り、彼のストリートアートは、道の白線等を上手に利用して遊び心たっぷりに描かれています。





車道も、



マンホールも、



歩道も、



駐車場も、



道に残されたタイヤの痕も、



夜の陰まで彼の手にかかれば楽しいアートに大変身。

その他の作品はウェブサイトからどうぞ。

[Roadsworth]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

長野生まれ。高校卒業後、マレーシアを経て単身渡米。ニューヨーク市立大学グラフィックデザイン科を卒業。卒業後は拠点を日本に移しグラフィックデザイナー時々ライターとして活動中。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事