「あなたの水曜日を送ると、誰かの水曜日が届きます」

熊本県葦北郡津奈木町福浜165番地その先。

その住所にあるのは、海の上の小学校として知られた「赤崎小学校」。しかし2010年3月に廃校となり、現在は立ち入り禁止となっています。



かつて学び舎だった、大切な思い出の場所でもあるその建物に「赤崎水曜日郵便局」と名付けてそのプロジェクトははじまりました。

全国から送られてくる“水曜日の出来事”を記した手紙を、スタッフが無作為に交換して再び送り返します。手紙を送った人は、数日後にまったく知らない“誰かの水曜日”のできごとが記された手紙を受け取ることになります

さらにこの取り組みに地域性を盛り込み、より多くの人に日本の“古里”のイメージを共有してもらうために、送られて来た手紙の中から、住民が数通を選んで朗読し、毎週水曜日にラジオ(ラジオNIKKEI)で全国に向けて放送もしています。



自分の水曜日と他人の水曜日を交換するという、日常と非日常が交錯する不思議な体験。

参加方法は、特設サイトよりダウンロードした便せんに、あなたの水曜日の出来事や物語を書いて、切手を貼ってポストに投函。

宛先はこちら。

〒869−5605 熊本県葦北郡津奈木町福浜165番地その先 赤崎水曜日郵便局

あなたの手紙は、同じように赤崎水曜日郵便局に手紙を送った誰かへ転送されます。

そして、あなたの元へ知らない誰かからの便りが届きます。水曜日に開封してその誰かの水曜日の物語を読んでください。

日本中の水曜日の物語がここへ流れ着き、そして再び旅立つ。そんなロマンチックなこのアートプロジェクトに、あなたも参加してみませんか。

撮影:森賢一

赤崎水曜日郵便局

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

京都・一乗寺のギャラリー・カフェ&アートショップ「Black bird White bird」キュレーター。編集者として出版社、編集プロダクションでの東京勤務を経て、2013年独立、現在は京都在住。アート、デザイン、ものづくりに関わる人の情報交換や発信のお手伝いをしたいと思っています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事