オブジェのようなダンベルでフィットネスにもデザインを


好き嫌いがハッキリ分れるのがスタルクデザインの特長ですね。

このダンベルは、Eugeni Quitllet氏とPhilippe Starck氏がデザインを手がけたイタリアの家具メーカー「Alias」のフィットネスコレクション「HOME/GYM/OFFICE」の一つ。そしてこのダンベルを収納できる専用ラックもあります。どんなラックかって? こんな感じです。

さすがスタルク、ダンベルを縦に積んでます。収納状態は完全にオブジェとなっています。

ダンベルは1kgと2kgがあるそうです。本気で体を鍛えている人には軽すぎるかもしれないですね。この「HOME/GYM/OFFICE」シリーズには他にも、レザー製のヨガマット、縄跳び、壁掛けフックがあります。こんな感じです。



壁掛けフックはカタログでは縄跳びを掛けたりして使われています。縄跳びの縄はレザーとPVCの2種類となっています。こちらのサイトから購入できます。

そういえば、ダンベルのデザインってずっと昔からあのカタチですよね。「体を鍛えるものだから」と言ってしまえばそれまでですが、エルゴノミックデザインを使用して「フィットネスにもデザインを」という着眼点がスタルクらしいですね。

Home/Gym/Office by Philippe Starck [via designmilk]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

過去に13回の引っ越し経験ありの遊牧民系男子。その反動なのか旅が好きだが家にいることも大好き。モロッコからスペインに入国の際には、別室で日本人であることを証明しろと言われ、自分の顔が濃いということにようやく気づく。国内外の「人に教えたくなるような」おもしろい物を紹介予定。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事