「ねこと日本人の関わり」に焦点をあてた企画展を開催


ただ愛らしいだけではない、甘えたり、怒ったり、近づいたかと思えば、離れたり。そんなねこの魅力を楽める企画展「甘いねこ展」9月25日から、とらや東京ミッドタウン店ギャラリーにて開催されます。

本展は、ねこの魅力を発信するWEBマガジン「ilove.cat(アイラブドットキャット)」の協力で実現。とらやでは本展にちなんで、ねこをイメージした和菓子を数量限定で販売します。

とらやの約480年の歴史のなかでも、ねこをモチーフにした和菓子がつくられることはほとんどなかったといいます。鶴や亀のように「吉祥」の意味合いを持つ動物でなかったことや、十二支に入っていなかったことが理由と考えられています。


外良製『すませば』 /販売期間:2013年9月25日〜11月4日(税込473円)

白餡を外良製の生地で包み、紅で色づけ。小さな音も聞き逃さないよう「ぴんと立ったねこ耳」をイメージしています。


特製羊羹(竹皮包)『にけ』/販売期間:2013年9月25日〜12月16日(税込 3,623円)

「猫は上のかぎりくろくて、腹いとしろき。」枕草子の一節に見える、黒と白の二毛柄の猫を、煉羊羹と道明寺で表しています。


きんとん製『うたたね』 /販売期間:2013年11月5日〜12月16日(税込473円)

三毛猫は日本独特の猫であり、古くから親しまれています。ひだまりのなか、丸まってうたた寝をする三毛猫を、白、茶、橙の三色のそぼろで表しました。

これらのねこの和菓子を制作するにあたり、「こんなねこ菓子があったらいいな」という思いから多くのアイデアが出されました。このデザイン案も壁一面に紹介。

その他、日本三大土人形と言われる京都の伏見人形や仙台の堤人形をはじめ、日本各地でつくられた招き猫などの郷土人形のねこの展示や、日本人が書物のなかで描いてきたねこの姿を、4つのテーマに基づいて紹介。源氏物語(紫式部)や枕草子(清少納言)から、ノラや(内田百閒)、猫にかまけて(町田康)、水木サンの猫(水木しげる)など、「日本人が描いてきたねこ」を展示します。

【甘いねこ展】
場 所:とらや東京ミッドタウン店内 ギャラリー
東京都港区赤坂 9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア地下1階
会 期:2013年9月25日(水)〜12月16日(月)
時 間:11:00~21:00(店舗営業時間と同じ)
無休(東京ミッドタウン休業日に準じます)
協 力:ilove.cat

photo:Kazuho Maruo ©ilove.cat(ねこ)/©ilove.cat(菓子)

甘いねこ展ilove.cat

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

京都・一乗寺のギャラリー・カフェ&アートショップ「Black bird White bird」キュレーター。編集者として出版社、編集プロダクションでの東京勤務を経て、2013年独立、現在は京都在住。アート、デザイン、ものづくりに関わる人の情報交換や発信のお手伝いをしたいと思っています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事