使えば使うほどハッピーになる鉛筆


レインボー好きにはたまらない。

普段から鉛筆を使う人ってそんなに多くはいないと思いますが、こういうものであれば普段使いしたくなりそうです。

今回紹介するのはキックスターターで進行中のプロジェクト「Rainbow Pencils」。「虹色の色鉛筆」は聞いたことがありますが、「削りカスが虹になる」ものは初めてではないでしょうか。




リサイクルペーパーで作られた「Rainbow Pencils」。木で作られた鉛筆と使い心地も重さもまったく一緒。しかし、木を一本も切り倒す必要がないエコ商品。

デザインしたのは東京を中心に活躍するイギリス人デザイナーDuncan Shotton氏。ルーミーでは以前にも彼がデザインした「シャキーン! ピノキオの押しピン」や「あなたの鍵もクラウド化!?「Cloud Key Holder」」などを紹介しています。今回はクラウドファンディングを使って資金集めをしているようです。

キックスターターでは12ドル以上の支援をすることで5本入りの「Rainbow Pencils」がもらえるとのこと。期間は10月1日まで。気になる方はコチラからチェックしてみてください。

使えば使うほどハッピーな気持ちにさせてくれる鉛筆。デザイナー、画家、詩人など、クリエイティブな作業をする人には特にオススメです。

Rainbow Pencils [kickstarter]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。武蔵野大学卒業後、インテリアデザイナーとして設計事務所に勤務。2012年から、アート/インテリア/ライフスタイルを中心にウェブメディア等で執筆業を開始。これまでに数十以上のウェブサイトでの企画・執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事