iPhoneカメラだけの写真コンテスト「IPPA 2013」の優秀作品がついに決定


初代iPhoneが発売されたのが2007年1月。その翌年の2008年から毎年開催されているのが、iPhoneで撮った写真だけで競われるコンペ「iPhone Photography Awards」。公式サイトでは2013年の優秀作品が発表されています。

今年で6回目となる「iPhone Photography Awards」。応募された全ての写真から選ばれる最優秀賞の「2013 Photographer of the Year 1st Place」の他にも、16あるカテゴリー別の優秀賞も発表されています。

2013 Photographer of the Year 1st Place

2013 Photographer of the Year 2nd Place

2013 Photographer of the Year 3rd Place

1st Place – Animals

1st Place – Architecture

1st Place – Children

1st Place – Flowers

1st Place – Food

1st Place – Landscape

1st Place – Lifestyle

1st Place – Nature

1st Place – News/Events

1st Place – Others

1st Place – People

1st Place – Seasons

1st Place – Still Life

1st Place – Sunset

1st Place – Travel

1st Place – Trees

 

作品はiPhoneのカメラで撮ることが条件ですが、写真自体はインスタグラムのようなiPhoneアプリであれば加工や編集も可能だそうです。

IPPAの公式サイトではアーカイブとして2008年からの優秀作品も見ることができます。写真家の凄まじいセンスだけでなく、iPhoneカメラの画質の進化、カメラアプリの高性能化などを一緒に楽しむこともできます。

いい写真を撮るにはいいカメラを使うのが一番というのは、ある意味では正しい意見。しかし「カメラはあくまで表現のための道具である」と言わんばかりのこれらの作品、見ているだけでも勉強になります。

iPhone Photography Awards 2013 [huffingtonpost]
[ippawards]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

過去に13回の引っ越し経験ありの遊牧民系男子。その反動なのか旅が好きだが家にいることも大好き。モロッコからスペインに入国の際には、別室で日本人であることを証明しろと言われ、自分の顔が濃いということにようやく気づく。国内外の「人に教えたくなるような」おもしろい物を紹介予定。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事