エコフレンドリーパッケージ! 干し草に入ったタマゴ

これは、地球に優しいパッケージだ。

ポーランドのデザイナー、Maja Szczypekさんがデザインしたのは、タマゴのパッケージ。多くは、プラスチックや紙のパックに入っていることが多いと思いますが、こちらは、干し草で作られています。



熱プレス機で成形された干し草のパッケージは、プラスチックのパッケージに入れられているより、自然なイメージ。



こちらは、「Make Me!」というアイデアコンテストのファイナルにエントリーされた作品とのことです。

お店に、こんな干し草のたまごが売られていたら、思わず手に取ってしまいそう。

地球だけでなく、心もほっこり優しくなる、そんなデザインです。

An Eco-Friendly Packaging For Eggs That Is Made Of Hay [Design Taxi]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事