気軽に持ち運べる「瓶詰めランチ」でお出かけしよう

ピクニックをしながら家族や仲間と囲む食事は、いつもよりおいしく楽しいランチタイムになりますよね。

お弁当にはいろいろな詰め方がありますが、その中でも手軽にできるユニークな方法が「瓶詰め」にすること。

メイソン・ジャール・パルフェなど、口の広いビンに好きなお惣菜を順に詰めていくだけ


Photo by The Kitchn

例えば、サラダなら最初にドレッシングを入れ、にんじんやレタス、パプリカを食材ごとに詰めます。

デザートは、スポンジケーキとクリーム、イチゴなどのフルーツを。

特徴は何と言ってもインテリアのような美しい層が簡単にできることです。これなら、忙しい時でもお洒落なお弁当をお供にお出かけできます。

平らな台がない不安定な場所でも片手で持つことができるので、公園のベンチでも食べやすいですね。

しかも、きっちりフタを閉めれば多少のことでは汁漏れしないので、バッグの中での大惨事を防ぐことができます。

何種類か作って、お友達やご家族と素敵なランチタイムを楽しんで下さい!

Beach Picnic in A Jar[Savoring the Thyme]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

ドイツ・ミュンヘンのオーガニック製パン店、Bio Backereiにてドイツパンの製法を学び、中世から受け継がれてきた国家資格であるベッカーマイスター試験に2010年合格。日本で実家のパン屋を手伝いながらドイツパンの魅力を広める。2013年よりミュンヘンに生活の場を移し、食品関係・通訳・翻訳など多岐にわたり活動中。趣味は料理/小旅行/版画/レストラン巡り。主に専門職のドイツパンとミュンヘンの生活情報に関してお届けします。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事