ある角度で見ないとわからない125本ワイヤーアート

ただ単にクニャクニャ曲がったワイヤーが木の土台に刺さっているだけ。しかも125本も。



ところがある角度から見ると、なんとそこには女性の顔が。ワイヤーアーティストGavin Worthさんの「And Light Fell On Her Face Through Heavy Darkness」は、手で曲げた125本のワイヤーを複雑に組み合わせて表現した、光の先に希望を垣間見るというテーマのワイヤーアート作品。

ワイヤーの黒と隙間に見える空間が「光」を象徴的に表し、周囲を動くことでその「光」の揺らめきを感じます。次第に女性の顔らしき形を作り始め、ピッタリの角度に来た時に、その女性の表情が浮かぶのです。

素晴らしい表現力ですね。

And Light Fell On Her Face Through Heavy Darkness [Gavin Worth]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事