リンカーンはおいくら? ドル札でつくられた人物画

これらの作品ほど高価なものはないでしょう! なぜなら、作品自体が「お札」でつくられているから。



ブルックリンを拠点に活動するMark Wagnerさんは、ものすごい数の1ドル札を使ったアート作品で話題になっています。

人は彼のことを「the greatest living collage* artist」や「the Michael Jordan of glue**」と呼びます。それもそのはず、あまりに多くのドル札がところ狭しと敷き詰められて全然違ったコラージュされている様子を見たら、誰だってそう言いたくなります。固定概念を良い意味で壊されます。

(*collage:コラージュ、**glue:のり、接着剤)



ユーモアのセンスが垣間見える作品が多いです。それに、1ドル札に使われているジョージ・ワシントンの顔がところどころ使われているのがシュール。

よーく見てみるとその精密さに驚くはず。立体的に見せている作品もあったりと、一体何枚1ドル札を使っているんでしょうか。



他にも、オバマ大統領やモナリザなどもあります。紹介しきれなかった作品はこちらから見ることができます。ものすごい作品数です。

[Mark Wagner Inc.]
The Art of the Dollar: Meticulous Currency Collages by Mark Wagner [COLOSSAL]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

ユリーカ」というブログで書いています。好きなサービスは、Wunderlist と GitHub です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事