【おうちヨガ】快眠をさそう「鋤(すき)のポーズ」

ヨガは眠れない夜にも効果を発揮してくれます。

今回ご紹介するのが「鋤(すき)のポーズ」。

心身ともにクールダウン効果があり、特に心を落ち着かせます。このポーズでゆっくりと眠りにつきましょう。

【やり方】

しっかりと背中をマット(もしくは床)につける

両手で腰を支えながら足を持ち上げ、頭の向こう側に下ろしてつま先をつける。※首に負担がかかるので、無理をしないようにゆっくりと

両手を組んで肩を集め、肩甲骨(けんこうこつ)をしっかりと寄せる。首は動かさずに!

少し呼吸がしづらいですが、この状態でゆっくりと5回ほど呼吸する

両手を腰に添えてゆっくりと仰向けの状態に戻す

ポイントは以下の2点。

・肩甲骨を寄せること
・ゆっくりと深い呼吸をすること

おうちで快眠ヨガ。眠れない夜にどうぞ。

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

世界を旅するヨガインストラクター兼、翻訳家。延べ30カ国・50都市以上を一人で放浪し、旅で身につけた英語力でいつの間にか翻訳業を開始。朝のヨガが日課。20歳の頃に柔軟性60歳代という診断を受けるも、ヨガによって驚異的な若返りを果たす。「食と心と体の繋がり」をテーマにベジタリアンフードの研究も続けている。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事