'

ピザが出力される「3Dフードプリンター」をNASAが支援

3DフードプリンタープロジェクトにNASAが支援しました。

3Dフードプリンター? なにそれ? と思った方もいるかもしれません。3Dフードプリンターは、3Dプリント技術とインクジェット技術を利用して食べ物を出力するもの。


例えばピザを「プリント」する場合、まずはカートリッジ内の小麦粉などを使い、「生地レイヤー」を出力、さらにカートリッジ内のトマトパウダー、水、オイルを混ぜてトマトソースを作り、これを「生地レイヤー」の上に「トマトソースレイヤー」として出力する…といった具合です。

各栄養素材などは滅菌の乾燥したコンテナに粉末状に保存して直接プリンタに供給するので、30年間は保存可能なんですって。

米SMRCが、3Dフードプリンタのプロトタイプを製造するための資金としてNASAから12万5000ドルを獲得したとのこと。また、このプリンターのソフトウェアはオープンソースで公開される予定だそうです。

いろんな食材のフードパウダーからつくるので、宇宙飛行士用の食事だけではなく、食料不足の国でも効率的に食事をつくることも出来るとか。

問題の味の方は…あまり期待できませんが、気になるところですね。

NASA is funding a 3D food printer, and it’ll start with pizza[The Verge]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

GIZMODO JAPANの翻訳ライターでブログ「URAMAYU」の人です。 渋谷のクリエイティブ・エージェンシー勤務、広報・プランナー。趣味はHDR写真とブログとジョギングとお酒です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事