世界遺産の本屋さん! ポルトガルの「レロ書店」

Photo Credit : Dapsul Zabelthau

中央の階段がインパクト大なポルトガルの「レロ書店」。1906年に建てられたネオゴシック調の建築は世界遺産として登録。旅行ガイドブック「ロンリープラネット」が選ぶ「世界で最も素晴らしい本屋ランキング」で第3位の人気ぶりです。

ポルトに存在する「レロ書店」。そのオーガニックで装飾的な内装は見るものを不思議な感覚にしてくれます。まるでハリーポッターの中に出てきそうな世界観。

Photo Credit : Nuno Sousa

Photo Credit : Centro Nacional de Cultura Núcleo Porto

Photo Credit : Natalia Romay

Photo Credit : Jos Saris


Photo Credit : António Alfarroba

実際に、ハリーポッターの作者であるJ・K・ローリング氏は執筆活動をする前、英語の講師としてポルトガルに数年間住んでいたとか。しかも、その場所がこの「レロ書店」の近くだったそうです。真実のほどは分かりませんが、もしかするとこの空間でたくさんのインスピレーションを受けていたかもしれませんね。

インターネットで手軽に本が買える時代。本屋に行く理由は、なにも本を買うためだけではありません。たくさんの本に囲まれながら、あれやこれやと想像を巡らせるのも本屋の楽しみ方の一つではないでしょうか。

The most beautiful bookshop [portosweethome]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

過去に13回の引っ越し経験ありの遊牧民系男子。その反動なのか旅が好きだが家にいることも大好き。モロッコからスペインに入国の際には、別室で日本人であることを証明しろと言われ、自分の顔が濃いということにようやく気づく。国内外の「人に教えたくなるような」おもしろい物を紹介予定。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事