この発想がデザインだ! ねじれたセロテープカッター「On A Roll」

Black+Blumがデザインしたテープカッッター「On A Roll」。その最大の特徴は、セロテープとカッター部分がねじれているところ

なぜテープ部分がねじれているのか? その理由はただ一つ「片手でもテープが切りやすいようにするため」とのこと。シンプル。



テープが刃に対して斜めに接するため、通常よりも楽にテープが切れるとのこと。鉄でできた本体も1kgほどあるため、片手でも安定して使うことが出来ます。気になるお値段は、Black+Blumのサイトで$43.50。意外に高いんですね…。

明らかに見慣れたプロダクトでも、ちょっとした変化で便利にしてしまうのがデザインの力。セロテープもデザインも「ひねり」が効いてます。

on a roll [Black+Blum]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。武蔵野大学卒業後、インテリアデザイナーとして設計事務所に勤務。2012年から、アート/インテリア/ライフスタイルを中心にウェブメディア等で執筆業を開始。これまでに数十以上のウェブサイトでの企画・執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事