'

2013年度第1位! エティハド航空のファーストクラスはどのような感じ?

スカイトラックス社がパリ・エアショーで、2013年度版「ワールドエアラインアワード」を発表しました。

その中でベスト・ファーストクラスに輝いたアラブ首長国連邦のエティハド航空のファーストクラスはどのようなサービスなのでしょうか。一生縁がないと思いつつ、世界一のファーストクラスがどんなものなのか見ておきましょうか。

まずラウンジ。


有名なシックスセンス・スパの、フェイシャル、フットデトックス、スカルプマッサージなど、豊富なサービスが受けられます。もちろん、ファーストクラスのお客様は無料です。



高級シャンパンが揃ったシャンパンバーでゆったりくつろげます。

そして機内。


完全個室で、フェラーリの内装を手懸けるポルトラーナ フラウ社製の革張りシート。ボタン1つで約203cm のフラットベッドになります。玉繭シルクの真綿掛けぶとんを用意してくれているんですって。

さらにマッサージ機能までついていますよ…。アメニティはラ・プレリーブランドのスキンケア製品が入ったスワロフスキー製エレメントが散りばめられた女性用化粧ポーチ、または男性用カフスボックスとのこと。なんだか知らないけどすごそう。

23インチのパーソナル液晶テレビでオンデマンドエンターテイメントを楽しめます。さらにインターネットが使える機材もあるそうです。



なんとパートナーと向き合っての食事も可能。機内の高級ダイニングエキスパートである専属シェフが、お客さんの好みに合わせて料理してくれたものをサーブしてくれるそうです。ワインも選んでくれるって。



そして扉を閉じれば完全個室。まったく、なんということでしょうか。

間違ってファーストクラスに乗っちゃうことがあれば…、と思ってしまいますね。

[ダイヤモンド ファーストクラス]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

GIZMODO JAPANの翻訳ライターでブログ「URAMAYU」の人です。 渋谷のクリエイティブ・エージェンシー勤務、広報・プランナー。趣味はHDR写真とブログとジョギングとお酒です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事