海外でも話題! Excelで描かれたパソコン画ががすごい

世の中には、色々なアートがありますが、群馬県館林市の堀内辰男さんの描くパソコン画が、国内外で話題になっています。今や、パソコンで絵を描くのは当たり前だ、なんて声も聞こえてきそうですが、堀内さんの描く絵は、まさかパソコンで、しかも「Excel 2003」で描かれています。



パソコン画大賞2008年度受賞作品「山郷の眺望」。ちなみにトップ画像は同大賞の2006年度受賞作品「城址の桜」。



風景だけでなく、鳥たちも素敵。「かわせみ」。



踊らにゃ、ソンソン! 阿波踊り!



美しい「牡丹」。

堀内さんは、定年後、新しいことを始めたいとパソコンを購入。それまでは絵の具などで絵を描いたこともなかったのだそう。なんて、素晴らしい才能の開花でしょう!

ご自身のサイトはたくさんの作品やパソコン画の描き方も公開されていますので、是非、ご覧あれ。

さて、おうちのパソコンにExcelがインストールされているならば、堀内さんを目指して、いっちょ、マウス(筆)を取ってみてはいかがでしょう。

[堀内辰男「エクセルで描くパソコン画]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事