'

部屋の中で大自然にいる気分。デイナデッカーの「ボタニカ・コレクション」

ロサンゼルス発のライフスタイルブランド「デイナデッカー(DAYNA DECKER)」。ブラッド・ピットやディカプリオなどの海外セレブだけではなく、日本の著名人にも愛用者の多いブランドです。

その中でも、部屋の中で大自然の香りが楽しめると話題の製品が「ボタニカ・コレクション」。今回は、その中の「キャンドル」と「リードディフューザー」をご紹介します。

まずは「エコウッド・ウィック」という木製の芯を使ったキャンドル



どっしりとした形の緑色のキャンドル。中央にはデイナデッカーを一躍有名にした平たい「木製の芯」。実はこのキャンドル、この芯に火をつけるとまるでたき火をしているような「パチパチ」とした音を出し始めます。



芯が平たいため、立ち上がる火も通常より横長の印象。揺らめきながら燃えるその姿は、従来のキャンドルでは味わえない灯りと香り。ライトを消してキャンドルの音に耳を澄ませば、まるで大自然の中で焚き火をしているような気分に。夜だけでなく、早朝の雰囲気にもマッチします。こちらの170gサイズで燃焼時間は40時間。

もうひとつは、同シリーズの「リードディフューザー」



木の棒を使ったリードディフューザーの良さは、火を使わず、電気を使わず、手間もかからず、香りが部屋中に広がるところ。

あくまで目安としてですが、リード1本につき1~2畳をカバーすることができます。トイレなどの小部屋では小瓶に入れ替えて、リードを1本だけ挿すといった使い方も可能です。

先ほどのキャンドルと同シリーズのため、香りも同じく大自然を彷彿とさせるもの。清々しいグリーンボトルの印象そのままのさわやかな香りが部屋中に広がります。香りは1年近く持続するそう。こちらのサイトから購入できます。

お気に入りの家具と照明で作るこだわりインテリア。そんな自慢のインテリアをさらにワンランクあげるためにも、これからは「香り」にこだわってみてはいかがでしょう。

[STEKI. in]
[DAYNA DECKER]

Photo by Nagaomi KAWAHARADA

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

過去に13回の引っ越し経験ありの遊牧民系男子。その反動なのか旅が好きだが家にいることも大好き。モロッコからスペインに入国の際には、別室で日本人であることを証明しろと言われ、自分の顔が濃いということにようやく気づく。国内外の「人に教えたくなるような」おもしろい物を紹介予定。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事