エリック・ヨハンセンの創りだす不思議な世界

道路がグニャリとめくれ上がり、真ん中で割れていて自転車に乗っている人がこの先どうなるのか不安になります。

しかし、よく見るとセンターラインが切り取り線になっていたり、写真から受ける印象は一見シリアスなのに、どこかに遊び心が隠れています。

これらは、スウェーデンを拠点に活動するエリック・ヨハンセンの作品で、普通の風景写真と彼の想像力が融合したちょっと不思議な世界が特徴的です。



ご婦人が長いハシゴに登り電線に洗濯物を干しています。ちょっと現実にありそうで不思議!



一生懸命、青年が道を作っています。というか引っ張っています。いずれにしても重そうです。

他にもエリック・ヨハンセンのちょっと不思議な作品は、彼のホームページにて閲覧できるので、チェックしてみてくださいね!

MIND-BENDING PHOTO-MANIPULATIONS BY ERIK JOHANSSON[visualnews.com]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

東京・神楽坂出身。都会派ですが、アウトドアも嗜みます。他に音楽・映画・アニメ・アートなど大好きです。今年から家族3人、岡山県倉敷市での生活をスタート!東京と倉敷を行ったり来たりしています。エッジの効いた情報はもちろん、直島をはじめとしたアートシーンや瀬戸内の観光情報などスローな情報まで、ちょっと素敵な情報を発信できればと思います。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事