不要な時はくるくる片づける! 自転車の泥除け

多くの自転車には「泥除け」というパーツがついています。この「泥除け」は、雨の日だったり、悪路を走るとき、泥はねを防いでくれるというものなのですが、ロードバイクやMTBなどには、泥除けがついていない、またはつけない、という場合もあるのだそうです。

自転車の軽量化やファッション的な理由もあるかもしれません。そもそも雨の日は自転車に乗らない、という声もよく聞きますが、それでも通勤や通学、買い物などで、どうしても自転車に乗らなくてはいけないこともあるもの。

普段は泥除けをつけたくない、でも雨の時には欲しい。そんな時にピッタリなのが、現在クラウドファンディング「Kickstarter」で、資金調達中の「Plum」。こちらは、必要な時に出して使う泥除け。



自転車に乗りながら、くるくると簡単に出すことができ、ちょっと引っ張ることで、片づけてしまうこともできるんですって。既に目標額の2倍ほどの資金を調達しているので、そのうち、製品化されそうですよ。動画はこちら。

これなら、気軽に使うことができそう!

Plume – The recoiling bicycle mudguard [Kickstarter]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事