きっと世界で一番ナチュラルな30cm定規

アクリルの中にまるで野原が閉じ込められているような定規「g,a,r,d,e,n」



以前ご紹介した「f,l,o,w,e,r,s」と同じく、studio noteのデザイナーである寺山紀彦さん自らが1本1本野の草を採取して、ていねいに作られているのだそう。

この草たちは、きちんと1cm間隔で配置されているので、1メモリ1cmとして、実際に長さを測ることができるんです。

春夏秋冬で野に生える草の顔は変わってくるので、この定規もその季節によって、色合いや葉っぱの雰囲気が変わるんですね。もちろんどれも世界に2つとない定規



春の定規、夏の定規、秋の定規、冬の定規と揃えると、また楽しそう。

定規として使うだけでなく、デスクなどに置くことで、室内でありながら、自然を感じることができるオブジェにもなる。

文房具は機能的であればいい? 本当にそうなのかしら。

そんなふうに思ってしまうほど、心をギュッとつかんで離さない、世界で一番ナチュラルな定規なのでありました。

ご購入はコチラから。(2013年5月23日現在は売り切れです。ぐっとこらえて待ちましょう!)

g,a,r,d,e,n [studio note]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事