ダイソンの羽のない扇風機にインスパイアされたバイク

ダイソンの羽根の無い扇風機「エアマルチプライアー」にインスパイアされたバイクは、こんな形なのだそうです。



デザイナーのImran Othmanさんのコンセプトデザインである「dyke」は、羽の無い扇風機と同じ原理で動作するのだそう。気流がシリンダーを通ると噴流を作り、その噴流は本体の装置によって100万倍にも増幅されます。そうするとバイク本体が持ち上がり、発進することができるという仕組み。



コンセプトデザインなので、実際には、製品化されてはいませんが、タイヤが1つだけで本当に安定するんだろうか、止まるときはどんな風に止まるんだろうか、などと疑問も湧いてきます。



人をのせているイメージがこれ。なんだか、普通の人が乗るのは難しそうですね。でも、是非、実際に走っている姿を見てみたい。

形になるかどうかは別として、何かの影響を受けてまったく違うものを作り出す、そういう自由な発想から、また新たな製品が生まれるのかもしれませんね!

DYson+biKE [Industrial Design served]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事