予約殺到! 実像をトレースできる「カメラ・ルシーダ」をリデザインした「NeoLucida」

カメラ・ルシーダという装置を知っていますか?

グーグルグラスが誕生する200年以上前の1806年、ウィリアム・ハイド・ウォラストンによって発明された、ドローイングの補助器具として使われる「光学装置」のことです。

簡単に説明すると、プリズムを利用することで目の前の「対象物」を紙の上に投影できるというもの。つまり、「対象物」が紙の上に映るため、それをなぞるように「トレース(写し)」することができるという装置です。



このように絵を描くことができます。

すでに忘れ去られつつあった「カメラ・ルシーダ」を、現代に蘇らせようとPablo Garcia氏とGolan Levin氏の二人によって新しくリデザインされたのがこの「NeoLucida」。キックスターターを使ってキャンペーンを行なっています。

彼らが「NeoLucida」を製作した目的は、アートを学ぶ学生のため。アンティークのカメラ・ルシーダはebayでは380ドルほどと高額商品ですが、この「NeoLucida」はポータブルに改良され、お値段も30ドルとリーズナブルなものに。

もしかすると、ある人は思うかもしれません。「こんなのを使って描くのはインチキだ」と。しかし、アートを学ぶ学生にとって、ものを正確に捉える「洞察力」や「写実的技術」は間違いなく必要なもの。これを使うことで、ものを見る目や絵を描く技術を鍛える「手助け」になるのであれば、こんな素敵な装置もないはず。そして、それが30ドルほどで手に入るというのも大きな要素。グーグルグラスではそうはいかなそうですからね。

実際、キックスターターでは公開と同時に予約が殺到、設定金額の25倍もの資金が集まったとか。現在、キャンペーン期間はまだ残っているものの、全ての「NeoLucida」はすでに完売済み。今後は商業パートナーによって2014年の発売を目指しているとか。詳細はコチラからご覧になってみて下さい。

NeoLucida [kickstarter]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。武蔵野大学卒業後、インテリアデザイナーとして設計事務所に勤務。2012年から、アート/インテリア/ライフスタイルを中心にウェブメディア等で執筆業を開始。これまでに数十以上のウェブサイトでの企画・執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事