サドルに空気入れを内蔵するアイデア

自転車の「パンク」にはいくつかの種類がありますが、6割以上の原因がタイヤ内の空気圧の低下で起こる「リム打ちパンク」と言われています。

定期的にタイヤ内に空気を入れることは「パンク」を防ぐためには必要なこと。そこで便利になってくるのがサドルと空気入れが一緒になった「PostPump 2.0 Seatpost」。2012年のレッド・ドット・デザイン賞も獲得している優れものです。

サドルを引っこ抜くと、中からチューブが出現。サドルをハンドル代わりにして空気を楽々入れることが出来るというもの。amazonから39.99ドルで購入することができます。

タイヤが細いロードバイクなどは特に定期的な空気管理が必要。持ち運び可能な「小型空気入れ」もありますが、空気を入れるのにかなりの時間と労力がかかることも。

確かにサドルと一体化させてしまえば、急な時でも交番や自転車屋を探すことがなくなりそうですね。

PUMP SEATPOST [blessthisstuff]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。武蔵野大学卒業後、インテリアデザイナーとして設計事務所に勤務。2012年から、アート/インテリア/ライフスタイルを中心にウェブメディア等で執筆業を開始。これまでに数十以上のウェブサイトでの企画・執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事