こりゃ見事。釘と糸で作られた写実的なポートレート

写真ではない、ということは見ればなんとなく分かります。

でも、一体何で描かれているのか、と思って近くに寄ってみると、衝撃を受けます。だって、打ち付けられた無数の釘に折り返し引っかけられた糸の重なりによる濃淡で描かれているんですもの! うーん、どういうことでしょう…。



拡大してみると見えますね。釘に、糸が引っかけられています。重なったり交差したり。



以前にルーミーで紹介した、紙一枚によるシルエットで顔の輪郭を表現したアートと同じ日本人アーティストのKumi Yamashitaさんによる「CONSTELLATION」という作品。



不思議です。遠くから見るとちゃんと顔になっているんですが、近くで見るとやっぱり釘に絡まった糸です。



もはや、どうやって作ったのかという無粋な質問を投げかけるのは大変失礼なのではないかと恐縮してしまう、感動的なアートです。

凄い!

CONSTELLATION [KUMI YAMASHITA]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事