でかっ! クリップを大きくしたらバッグになった!

見慣れたモノでもサイズを変えるとまた違った印象になったりするもの。アーティストのPeter Bristol氏によって制作されたのは、オフィスでよく見かける書類を留めるクリップの形をした「Clip Bag」。

素材はフェルトで取手部分はアルミを使用。鞄は中から止めることができるので、本物のクリップのようにしっかりと閉じた状態を維持。




フェルトの素材感がとても可愛らしい印象。

「Clip Bag」を持つシルエットはまるで小人になったかのようで不思議な感じです。現在はコンセプトデザインですが、製造してくれるメーカーを探しているとのこと。もしかしたら近いうちに街で見かけることになるかも?

フェルトの代わりに「黒皮」で作ってもかっこ良さそう!

[Clip Bag]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。武蔵野大学卒業後、インテリアデザイナーとして設計事務所に勤務。2012年から、アート/インテリア/ライフスタイルを中心にウェブメディア等で執筆業を開始。これまでに数十以上のウェブサイトでの企画・執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事