グラフィックデザイナーのパパから子どもへ。毎日のランチバッグアート

海外の、特にアメリカのお弁当の定番と言えば、ジッパー付のビニール袋に入ったサンドイッチ

そして、自分の子どもたちのお弁当用のランチバッグに毎日違うイラストを描いてあげたのが、グラフィックデザイナーのDavid LaFerriereさん。



2008年から続くこのランチバッグアートは、その数、1100種以上にものぼるそう。同じ絵はほとんど無いというから、頭が下がります。

もっとこのアートが見たい! という方は、DavidさんのFlickrを是非、チェックしてください。

これなら毎日、たとえ同じようなサンドイッチだったとしても、ランチの時間が楽しくなりそう。
自慢のお父さんですね!

Graphic Designer Dad Illustrates His Kids’ Lunch Bags Almost Every Day Since 2008 [COLOSSAL]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事