度胸と判断力が試されるブラフボードゲーム「髑髏と薔薇」

「暴走族のリーダーを決める」というのがテーマの「髑髏と薔薇」。騙し合いが楽しい、度胸が試されるボードゲームです。

3〜6人用のゲームで、各プレイヤーはドクロカード1枚とバラカード3枚の計4枚を持ちます。それぞれがドクロかバラのどちらかを手元に重ねていき、あるタイミングで「バラをめくれる枚数」を宣言します。最大の枚数を宣言したプレイヤーは、実際に宣言した枚数分のカードをめくっていきます。めくったカード全てがバラだったら成功、ドクロが1枚でも入っていたら失敗、というとてもシンプルなルールです。

このゲームの肝は、カードをめくる順番です。最大枚数を宣言したプレイヤーは、「自分のカードからめくらなければならない」というルールがあるため、自分がドクロを置いていた場合、必ず失敗してしまいます。しかし、だからこそ強気の枚数を宣言し、相手に「バラを置いているかもしれない」と思わせるというハッタリが重要になってきます。



お値段は2730円。アマゾンでも購入できます。

運の要素がほとんど絡まない、読み合いとハッタリが楽しいオススメゲームです!

[Skull&Roses]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

元自衛隊で元ホスト。 280種類のボードゲームで遊べるカフェ「JELLY JELLY CAFE」のオーナーです。将来の夢は、Wikipediaに載ること。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事