'

シンプルなのに奥が深い心理戦ボードゲーム「ガイスター」

30年以上前に発売された名作「ガイスター」。単純なルールなのに、とても奥が深い名作心理ボードゲームです。

2人用ゲームで、チェスのようにコマを取り合います。「赤の悪いオバケ」と、「青のいいオバケ」がいて、相手の「青いオバケ」をすべて取れば勝ちですが、「赤のオバケ」をすべて取ってしまうと負けになってしまいます。

ポイントは相手からはオバケの区別が出来ないこと。「この動きは青っぽいけど、もしかしたら裏をかいて赤かも…!」「このオバケを取っておかないと厄介だけど、赤かもしれないし…!」など、心理戦が白熱すること間違いなしです。



お値段は2800円。アマゾンでも購入できます。

1ゲーム10分くらいで終わるという手軽さながら、何度やっても飽きないというオススメ名作ゲームです!

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

元自衛隊で元ホスト。 280種類のボードゲームで遊べるカフェ「JELLY JELLY CAFE」のオーナーです。将来の夢は、Wikipediaに載ること。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事