夜中に目覚めても“してはいけない”5つのこと

ふと夜中に目が覚めた時、あなたなら何をしますか?

つい、やりがちな次の5つのことをしてしまっている人は、要注意。再び眠りにつくのが妨げられ、健康を損なってしまう危険があるそうですよ。

1. 照明をつけすぎる

照明の光が強すぎると、心と身体が起きてしまいます。トイレに行くときも、最小限のちょっとした照明をつけるだけで済むようにしておきましょう。

2. 冷たいものを飲む

寝起きで喉が渇いていたとしても、意識が覚醒してしまうような冷たいものを飲むのは厳禁! 飲むなら常温の水がおすすめです。

3. 携帯電話を見る

目覚ましとして枕元に携帯電話を置いている人も多いと思いますが、TwitterやFacebookをチェックしたい気持ちはグッとこらえて、朝まで開かないようにしましょう。

4. 裸足で歩き回る

ひんやりしたフローリングの上を裸足で歩くと、ビックリして目が覚めてしまいます。ベッドサイドにはスリッパの用意をお忘れなく。

5. 時間を確認する

まだアラームが鳴っていないということは、眠れる時間が残されているということ。不用意に時間を確認して、あと○時間しか眠れないとがっかりするよりも、黙って少しでも寝続ける努力をした方が賢明なのです。

ネタ元の「ライフハッカー」では、より詳しく解説されているのであわせてどうぞ。

寝ている途中で起きたときにしてはならないこと5つ[ライフハッカー]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1983年生。ITベンチャーのマーケターを経て、フリーライターに。マーケティングやソーシャルメディア関連の記事を中心に、ライフハッカー[日本版]、MarkeZineなどで記事を書いています。映画を見たり、ゲームをしたり、インドア100%な夫とともに、まったりおうちライフを満喫中。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事