世界初、水中に潜れるオープンカー

ツッコミどころは分かるんですけど、とりあえず、凄さに注目しましょう、水中に潜れるオープンカー「sQuba」です。



水陸両用車と言えば、通常はボートのように水上を進めるわけですが、このクルマは違います。水中に潜れちゃうんです。潜水です。ドラえもんの『水中バギー』のようです。




ちなみにルーフはありません。オープンカーですからね。びしょ濡れになります。ボンベが必要です。息ができませんから。

ポルシェなどのチューニングで有名なRinspeed社の驚愕のコンセプトカーです。



コンセプトとはいえ、ここまで作り込んでいながらどうしてルーフ付きの潜水艇仕様にしなかったのか、とツッコミたいところではありますが、水中ではクルマのドアは水圧で開けられませんから、安全上のことを考えると仕方がないのでしょう。



メーター類は、なんだか80年代の未来デザイン。

それでも、やっぱり潜ってスクリューで海中を進めるんですから、凄いです。実際に走って潜っている雄姿は動画から。

無人でも走行することとか、新たなツッコミどころも。きっと売られても誰も買わないであろう水中カーですが、この技術を利用して、潜っても濡れない、安全なハイテクカーを生み出して欲しいです!

sQuba [Rinspeed]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事