'

いつまでも美しく泳ぐ金魚

美しい色合いや泳ぐ姿の愛らしさで、古くより日本で愛されてきた金魚。

涼しげな印象とゆったりとした時間の流れを感じさせてくれる金魚は、日本人にはとても馴染みがある観賞魚ですよね。

今回ご紹介する金魚は、ただの金魚ではありません。まずは普通の金魚との違いを探してみてください。



実は樹脂の中を泳いでいて、生きているものではありません。もちろん、生きている金魚を樹脂で固めたなんて恐ろしいこともしていません。この金魚たちはすべて、人の手で描かれたものなのです。

美術作家の深堀隆介氏が描く金魚たちは、もはや絵とは思えない程のリアルさ。色を付けて、樹脂を流すという作業を何度も繰り返すことで、立体的な金魚を描き出しています

金魚に生命力を感じるほど精巧に描かれ、水草や金魚のフンまで描かれていることが、より本物らしく感じさせます。あまりにリアルなので、一度自分の目で本当に“絵”なのか確認したくなる作品ですよね。

深堀隆介オフィシャルサイト[金魚養画場

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

お酒とキレイなものが大好きな冷静沈着型おてんば娘。趣味は情報収集、料理、走ること。特技は三点倒立。標準語と関西弁を話します。興味のあることには何でもチャレンジ!浅く広い経験と知識があり、そのきっかけに出会うべく、人に出会うことも大好きです。皆さんの心の琴線に触れるようなものをお送りしていきます。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事