子どもをお留守番させた結果

牛乳を買うだけだから。ゴミを捨てるだけだから。

そんな風にほんの少しの時間、家を空けることはよくあること。それくらいならと、子どもにお留守番をしてもらうこともあるかもしれません。でも帰ってきてみると、お留守番させたことを後悔するような光景が広がっていることもあったり…。

今回は、そんな子どもたちの武勇伝の数々をご紹介します.



定番の顔落書き。



洗面所にて。パパのシェービングクリームでしょうか。



破壊シリーズ。鉄アレイをなぜそこに…。



破壊シリーズ。テレビ。



破壊シリーズ。テレビとくれば、当然、パソコン。



破壊シリーズ。クッション。中身のビーズがまるで海岸の白砂のよう。



破壊シリーズ。車で待っているときだって、止まらないいたずら。



ミイラ姉妹。

今回ご紹介したのは、子どもたちの武勇伝のほんのほんの一部です。画像を観ている分には可愛いですが、実際、こんな光景を目の当たりにしたら、きっと叫んでしまうに違いありませんね。

さあこれでも、子どもたちをお留守番させる勇気がありますか?

It’s a Good Idea to Never Leave Children Alone [Izismile.com]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事