未来のエコ・キャンピングカーのカタチ

ドライブモードとリビングモードを使いこなせ!



Ecco」という名のこの電気自動車は、ゼロ・エミッションの未来のエコ・カーコンセプト。その特徴は、変形するということなんです!



停車時にはリビングモードに切り替えることができ、ボディー上部が起き上がってテントのような形にトランスフォーム。広々空間のリビングスペースが生まれます。



しかも、太陽光発電によって停車時にもチャージができるという優れもの。見た目はとてもコンパクトですが、かなり機能的なんですね。



アルミとガラスのブレンドデザインがスタイリッシュで、フロントガラスはまるでバスの運転席並みに広い仕様。

240Vで素早くチャージできるといいます。

インテリアや建築を手掛けるスイスのNAU社のフューチャー・コンセプト。車までデザインしちゃうなんて、「空間」というキーワードは幅が広いですね。

デザイン的にも“あり”だと思いませんか、これ。エコ・カー仕様で、あとは中で調理とかできたら、もうエコ・キャンピングカーとして申し分ないですね。

 

Ecco / NAU [archdaily]

Ecco [NAU]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

様々な業種で幅広く得た経験を生かして、「いいもの」「いいひと」を「新しさ」「面白さ」でつなぐことをライフワークにセミナー講師やライター業をしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事