ドバイの世界一美しいと言われているスターバックスでコーヒーを飲みました

ドバイの巨大モール「イブン・バトゥータ・モール(Ibn Battuta Mall)」の中に世界一美しいと言われているスターバックスがあります。

2005年にオープンした建物の幅が1.3キロメートルある、いかにもドバイらしい派手なモールは全部で6エリア(アンダルシア・チュニジア・エジプト・ペルシア・インド・中国)に分かれていて、それぞれ外装だけでなく内装も本格的に作り込まれています。世界一美しいスターバックスはそのペルシアゾーンの中にありました。



ブルーのモザイクタイルが敷き詰められた高い天井。そのモスク風エリアの中心に堂々と鎮座するスターバックス。英語表記とアラビア語表記の看板がエキゾチックです。



とにかく空間が広い。見上げると美しいモスク風の天井が広がります。“美しいモスクの中で飲むスターバックスのコーヒー体験”はとても良いものです(コーヒーは全世界共通の馴染みある味ですが)。



ちなみにモールの中国風ゾーンにもスターバックスがあり、こちらもこちらで充分に派手でした。さすがドバイ、モールの外装や内装にかかっているお金が違いますね…! 

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

GIZMODO JAPANの翻訳ライターでブログ「URAMAYU」の人です。 渋谷のクリエイティブ・エージェンシー勤務、広報・プランナー。趣味はHDR写真とブログとジョギングとお酒です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事