知る人ぞ知る、イタリアの断崖絶壁の「滅び行く町」には猫がたくさん住み着いてた

イタリア中部にある2500年以上前に断崖絶壁の上に建てられた街、チビタ・ディ・バニョレッジョ(Civita di Bagnoregio)に行ってきました。

遠くから見るとまるで天空の城ラピュタのようなこの街の中には、人間よりずっと多く猫が住んでいて、まるで異世界に来たかのようでした。

この街は風や雨によって浸食し、住人は20人ほど。別名「死に行く町」「滅び行く町」といわれています(外部からこの街に働きに来ている人もいるそうです)。



街に入るには300メートルの車は入れない、この細く長い橋を徒歩かオートバイで入るしか手段がありません。



細く長い橋の途中。坂は急なので少しハード。



街の入り口から後ろを振り返ってみると中々に怖い…!



中世の雰囲気そのままの街の入口。RPGとかで、長い道のりを経て新しい街にたどり着いたかのようなワクワク感。



街の雰囲気。この街にはいたるところに猫がいます。住民が20人ならば猫のほうが圧倒的に多いのです。



石畳に佇む猫たち。



中世にタイムスリップしたかのような街の雰囲気。観光客はいるものの、人はとても少ないです。



ずいぶんと年季が入った木の椅子に座る猫。



いやいや本当に猫だらけ! 中世から時が止まったような滅びゆく街に住み着くたくさんの猫達。タイムスリップした世界に迷い込んだかのようでした。

このチビタへの街には本数こそ少ないものの、電車とバスを乗り継いで簡単に行くことができます。ある程度観光地化されているので、街の中にはカフェや宿泊施設もありますよ。

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

GIZMODO JAPANの翻訳ライターでブログ「URAMAYU」の人です。 渋谷のクリエイティブ・エージェンシー勤務、広報・プランナー。趣味はHDR写真とブログとジョギングとお酒です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事