ハリーポッターとかファイナルファンタジーに出てきそうな、リオデジャネイロの「幻想図書館」に行って来ました

ブラジルのリオデジャネイロの中心部にある「幻想図書館」に行ってきました。

まるでファイナルファンタジーの古代図書館のような、ハリーポッターのロケ地にでも使われていそうな、クラシカルな雰囲気です。幻想図書館という響きも魅力的ですよね。ポルトガル語の古書45000冊が収蔵されていますが、なんとこの図書館では、本を借りるどころか本に触れることすら禁止されています。



幻想図書館の外観。リオデジャネイロの中心部に何気なく建つクラシカルな建物。一見図書館とはわかりません。記録帳に名前を書くだけで誰でも入館できます。



写真だととても広そうに見えますが、実はこの写真に収まっているのが全景で意外に狭いのです。本も触ることができないので、基本的には雰囲気を楽しむための図書館だと思います(見学は10分もあれば充分かなあと)。

平日の昼間に行ったのですが、中では地元の真面目そうな方が2人程勉強をしていたのと、2~3人の観光客らしき方が写真を撮っていました。実は結構こじんまりした図書館なのですが、雰囲気は抜群でした。無駄に古書の研究とかしたくなる感じ。

もしリオデジャネイロに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみることをお勧めします。

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

GIZMODO JAPANの翻訳ライターでブログ「URAMAYU」の人です。 渋谷のクリエイティブ・エージェンシー勤務、広報・プランナー。趣味はHDR写真とブログとジョギングとお酒です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事