人々の心を掴む方法。ユニセフのPinterestの使い方

確かに、心を掴まれます。

好きな物や欲しい物の写真を次々とスクラップブックのような感覚で集められるPinterest。女性の支持を受けて大人気のソーシャルサービスとなりました。

企業もそんなPinterestを使ったプロモーション活動を活発化させ、「素敵なアクセサリー」「欲しい服」「泊まってみたいホテル」などの写真を掲載、自社のサイトに誘導する工夫をしています。

しかし、ユニセフのような活動をしている団体にとってはPinterestをどのように使うことが効果的なプロモーションになるのでしょうか?「飢えに苦しむ子供」「地雷で足を失った人々」「戦争による避難民」、そういった写真を載せることが正しいPinterestの使い方なのでしょうか。

ユニセフが出した答えはこうでした。

アフリカに住む「Ami Musa」という13歳の少女のためにPinterestのアカウントを新設。1つだけ作られた彼女のボードのタイトルは「Really want these(本当に欲しいもの)」。

彼女のPinterestには、素敵な鞄も、かっこいい車も、オシャレな家具もありません。ピンされた写真は6つだけ。それは生きるために必要な基本的な物ばかり。

結果、このキャンペーンは大成功。何万もの人々が彼女の写真もリピンすることとなり、いくつものメディアがこのユニセフの試みを紹介することになりました。

世界中の人々の「欲しいもの」の写真の中に表れるアフリカの少女の「本当に欲しいもの」。そのインパクトをうまく使った秀逸なプロモーションとなっています。

How UNICEF Is Using Pinterest [Creative Guerrilla Marketing]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。武蔵野大学卒業後、インテリアデザイナーとして設計事務所に勤務。2012年から、アート/インテリア/ライフスタイルを中心にウェブメディア等で執筆業を開始。これまでに数十以上のウェブサイトでの企画・執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事