浮世離れ感ハンパない! メキシコの「貝殻ハウス」

ここ、実際に人が住んでます。

こちらの建物、メキシコシティに実在する「Nautilus House(オウムガイの家)」と名付けられたおうち。自然をこよなく愛する家族のために建築家Javier Senosiain氏によって2006年に建てられたものです。

さてさて、気になるおうちの中は…。




予想以上にボヘミアン!

庭だけではなく、家の中にも緑がたくさん植えられています。圧巻なのは壁一面に敷き詰められた色とりどりのガラス。それらを通して差し込んで来るカラフルな光がお部屋の中をよりいっそう非現実な空間にしています。水回りに敷き詰められたタイルも可愛いです。

ただの変わったおうちかと思いきや、キッチンはIHだったりと住み心地は良さそう。しかし、こんなおうちをオーダーしてしまう家主って一体どんな人なのか気になります。

[Home Reviews]
[demilked]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。武蔵野大学卒業後、インテリアデザイナーとして設計事務所に勤務。2012年から、アート/インテリア/ライフスタイルを中心にウェブメディア等で執筆業を開始。これまでに数十以上のウェブサイトでの企画・執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事