[いしたにコラム]やっぱり本当? 「インスタントコーヒーを正しい分量で飲むとおいしい」という話

もはやブームなんていう言葉を使う必要もないほど、みんな毎日コーヒーです。

お店で、職場で、家で…と、大人が1日コーヒーをまったく飲まない人がいるとすれば、それこそコーヒーが苦手な人ぐらいではないでしょうか。

さて、私も人生40年ほど生きていますが、家で飲むコーヒーは、子供の頃はインスタントが主流でした。その後、各家庭にコーヒーメーカーが置かれることが普通になり、豆を選んだり、カプセル式のネスプレッソのように簡単においしいコーヒーを提供するような製品も増えてきました。それもこれも、インスタントコーヒーはおいしくないということが、半ば常識となっていることと関係があるように思います。

そして、私自身この話をいつ頃聞いたのか、記憶が定かではありませんが、実は「インスタントコーヒーを正しい分量で飲むとおいしい」という話を聞いたことはありませんか?

全日本コーヒー協会のサイトの「コーヒーのおいしいいれ方」というページにも書かれているように、どうやらその話は本当らしいのです。

ということで、ご紹介するのが「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」です。

このバリスタを使って衝撃だったのは、インスタントコーヒーを使っているのに、ちゃんと泡の”クレマ”が出ることです。



元はインスタントコーヒーですから、そりゃもちろんスタバとか豆からいれるコーヒーメーカーよりもおいしいなんてことはありません。でも、自分が普段いい加減な分量でいれているインスタントコーヒーとはまったく別ものの味になりました。



クレマがあることで口当たりがいいですし、適切な分量でいれているおかげでだと思うのですが、すっきりとした味わいに仕上がります。

私は、この「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」をモニターとして、事務所で使わせてもらっているのですが、このクレマとワンボタンでいれられること、そしてコーヒーがなくなったら、そこら辺でインスタントコーヒーを買ってくればいいという気楽さで、それまで使っていたドリップ式のコーヒーメーカーをすっかり使わなくなってしまいました。仕事をしながらのコーヒーであれば、これで十分だったんです。

でね。今回のこの「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」。ちょっと普通のと違うんです。



ふふふ、わかります? なんと「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ スター・ウォーズ」という完全限定のコラボ商品なんです。



私が使っているのは、言うまでもなくダークサイドセット。ということで、さっきのは銀河帝国マグカップと、ダース・ベイダーライトセーバー型のマドラーでした。



セットの全貌は、こんな感じ。



コーヒーをいれるときに「おれはダークサイドだから、ダークローストで」とか、よくわかんないことをうっかり言ってしまう気分になれますよ。


完全限定ということで、もうあまり数が残っていないかもしれませんが、スター・ウォーズファンで、簡単にコーヒーを飲みたいという人たちには、おすすめです。

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

1971年生。ブログ『みたいもん!』管理人。著書に『マキコミの技術』『楽しいみんなの写真』『ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である』『ツイッター 140文字が世界を変える』など多数。最新刊『あたらしい書斎』が9月に発売。他にとれるカメラバッグ・ひらくPCバッグのプロデュース、内閣広報室・IT広報アドバイザーもつとめる。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事