植物ビギナーにもオススメの「食べられる」多肉植物

プレクトランサス・アロマティカス(Plectranthus amboinicus

ミントの葉によく似た多肉質の葉をもった観葉植物です。葉の表面に細かい産毛が生えていて、さわり心地はまさに耳たぶ。アロマティカスという名前の通り、とてもさわやかな香りのする植物です。



育て方はとても簡単。

窓際などの明るい室内で若干乾燥気味に育てます。土が湿っている間は水やりは厳禁。根腐れの原因になります。寒さは苦手なので、冬は必ず室内で管理。暖かくなったら屋外で育てる方が良いでしょう。

増やし方もとても簡単です。

葉を数枚残した状態で茎をカット。カットした茎を、そのまま乾いた土に挿せばOKです。2~3週間もすれば根が出てくるでしょう。冬の間は難しいので、春まで待ったほう良いでしょう。

さらにこの葉っぱ、食用でもあります。そのまま食べても良し。サラダなどに混ぜても良し。卵料理との相性が良いので、オムレツとして、またハーブティーとして。またお酒が好きな方はジンなどに浮かべても良しと、使い勝手の良い植物です。

今年は植物を育ててみたいなあ、と思っているビギナーの方にもオススメの植物です。

撮影地:PANCOW/BOTANY

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

NPO法人日本園芸療法研修会 園芸療法コーディネーター。日本園芸療法学会 認定登録園芸療法士。植物のそばで生活すると、人はもっと優しくなれるはず。そんなことを思いながら、日々暮らしています。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事