'

レゴのように遊びながら作れる電気オモチャ「little bits」

レゴと科学が融合したようなオモチャです。

科学が苦手な人ほどハマってしまいそうなのが、この「little bits」と呼ばれる電気回路を使ったオモチャ。

「電源」「ボタン」「つまみ」「音声認識」「ライト」「モーター」など様々な機能をもった「Bits」と呼ばれる小さなモジュール。専門的な知識がなくてもそれらを直感でつないでいくだけで、いろんな仕掛けが作れるというもの。しかも、つなげる方法はマグネットというから驚きです。

楽しそっ!

公式サイトのプロジェクトギャラリーでは様々な手作りオモチャの作り方も紹介されています。モジュールの組み合わせとアイデア次第では「音に反応するライト」「ハブラシの足で動くロボ」など想像力たっぷりのオモチャが作れます。公式サイトで「Bits」を$8~$20ほどで、またいくつかのモジュールが入った「Starter Kits」を$89で購入することが出来ます。

現在、日本では子供の理系離れが深刻となっており、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中教授は「アメリカでは科学者が憧れの職業であるのに対して、日本では科学者の地位があまりに低い」と懸念しています。

子供達にとって、科学をもっと身近なものにしてくれそうな「little bits」。もしかしたら、これをプレゼントしたのがきっかけで、偉大な科学者が誕生するかも知れないですよ。

[little bits]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

過去に13回の引っ越し経験ありの遊牧民系男子。その反動なのか旅が好きだが家にいることも大好き。モロッコからスペインに入国の際には、別室で日本人であることを証明しろと言われ、自分の顔が濃いということにようやく気づく。国内外の「人に教えたくなるような」おもしろい物を紹介予定。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事