忠実に再現された「ザ・シンプソンズ」実写版がスゴイ

Photo by [The Simpsons]

実写版のバートもスケボーが上手です。

人気アニメーション「ザ・シンプソンズ」のオープニング・アニメーション、通称「カウチ・ギャグ」。こちらは2006年にイギリスのSky1チャンネルが制作した実写版だそうです。

番組のファンなら分かると思いますが、とても忠実に再現されています

そしてこちらは、2010年に覆面グラフィティ・アーティスト、バンクシーが手掛けたもの。

社会的メッセージを込めたストリート・アートでおなじみのバンクシーによるカウチ・ギャグには、アジアの労働搾取工場が登場。小さな子供を含む労働者たちが、劣悪な環境の中でセル画やキャラクター・グッズを作る様子が見られます。

実は「ザ・シンプソンズ」は、アニメーションの制作の大半を韓国の会社に外注しているのだとか。最後のショットでは、この労働搾取工場が20世紀FOX社の巨大なロゴの中にあることが判明します。

さすがのバンクシーらしい作品ですが、放送をOKしたFOXも潔いですね。

The Simpsons Opening – Real-life Style [YouTube]
Simpsons [YouTube]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

東京を拠点にライター・通訳として活動中。音楽・映画・ポップカルチャーなど。人生で数えきれないほど引越しているのに、まだ理想の家にたどり着けません。ビル・マーレイのような中年になるのが目標。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事