オーロラが見えるホテル。しかもベッドから!

吹雪の日ですら楽しそうなホテルです。

このホテルが位置するのは、フィンランドの北部に位置するラップランドと呼ばれる地域。ここはスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ロシアと4カ国にまたがっており、国境を越えた関係を築こうとしている地域でもあります。

写真のホテルは「ホテル・カクシラウッタネン」の「ガラスイグルー」と呼ばれる宿泊施設です。この部屋の最大の魅力は、ラップランドの夜空に輝く無数の星やオーロラを暖かい部屋の中で、しかもベッドの上から見ることが出来るというもの。




特殊な耐熱ガラスによって作られたドーム型の室内は、常に心地よい温度に保たれており、氷点下30℃になろうともガラス面に霜が付かないように工夫がされているとのこと。部屋にはベッドとトイレが完備。横になりながら頭上に降り注ぐオーロラを楽しめます。

このホテル周辺にはアクティビティも充実。レストランはもちろんのことスモークサウナもあります。またサンタクロースの所在地がこの辺であることから、サンタクロースが一年中過ごす家を見ることが出来るテーマパークもあるとのこと。今の時期に行けば、小人たちと忙しく働いている姿が見れるとか?

ホテルの詳細はコチラからご覧になって下さい。一生に一度は行ってみたいホテルです。

Hotel Igloo Village kakslauttane [world for travel] [Hotel KAKSLAUTTANEN]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。武蔵野大学卒業後、インテリアデザイナーとして設計事務所に勤務。2012年から、アート/インテリア/ライフスタイルを中心にウェブメディア等で執筆業を開始。これまでに数十以上のウェブサイトでの企画・執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事