1分で250ページの高速スキャン! 裁断しない自炊スキャナー「BFS-Auto」

iPod miniやNexus 7など新しいタブレットが次々に発表されており、読書もタブレットで、という波がジワジワと。それにともない本をデータ化して保存する、別名「自炊」をする人も増えているそうです。

本来「自炊」というと、本を裁断してスキャンにかけるのですが、けっこう手間がかかるし、本が好きな人にとっては本の裁断ってつらいんですよね。

そこで、こんなメカが登場しました。

このマシンの名は「BFS-Auto」といい、石川奥研究室と大日本印刷が開発したもの。なめらかに鮮やかに、あっという間に1冊分のデータ化が完了します。そのスピードなんと、1分で250ページ!

大切な本は本のままに、サクッとデータ化。

こちらのプロジェクトは2013年の実用化に向けて進行中とのこと。賢くデータ管理する未来が見えました。

BFS-Auto: 高速・高精細書籍電子化システム[石川奥研究室]
BFS-Auto: High Speed Book Scanner at over 250 pages/min[YouTube]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

ルーミー編集長。部屋でラジオを聞くのが好き。オレゴン州ポートランドで学生時代を過ごす。ちょっと広めの部屋に引っ越したので諸々一新しようと、いえなか・いえもの情報を収集する日々。完全に公私混同しているのはここだけの秘密です。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事