'

ビフォーアフター! 世界一オシャレなお肉屋さん in 鎌倉

多分、世界一オシャレ! といっても過言ではないお肉屋さんが鎌倉にありましたよ!

お肉屋さんといえば、ショーケースの中に、並べられた赤やピンクのお肉。そして、おいしそうな雰囲気を演出するために、壁は清潔感のある白、そして、キラキラした明るい照明……そんなイメージがあるのですが、この鎌倉のお肉屋さん「萩原精肉店(肉のはぎわら)」は、木を基調とした壁、抑え目の照明と、とにかくシックでオシャレ!




鎌倉駅から、程近い昔からある商店街にもマッチしています。




オーナーの「鎌倉の雰囲気に合うモダンな外観にしたい」という思いを汲んでデザインされているのだそう。




作業場はこんな感じ。




何から何まで今までの「お肉屋さん」のイメージを覆してくれています。オシャレ!




カウンターの下ではなく、横にお肉が陳列されています。




画像が小さいのですが、こちらが、ビフォー。商店街などにある「お肉屋さん」のイメージそのまま。

ビフォーアフターを比べると、普通だったお肉屋さんが、入るのにドキドキしちゃうくらいステキなお店に変わっていることがよくわかりますよね。本当に落ち着く、大人のお肉屋さんというイメージ。

今までのお肉屋さんのイメージを脱ぎ捨てつつ、でも、古都鎌倉の街になじむためのデザインにしてみたら、ああ、ビックリ、こんなにオシャレでカッコよくなりましたとさ。

萩原精肉店 [Spoon&Tamago]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事