森の中の秘密の書斎

こんな書斎、永遠の夢です!

ニューヨーク州のOlive Bridgeの森の中に建てられた「The Scholar’s Library」という名の建物。1万冊の本を収納できる図書館のような書斎となっております。

こちらの建物、ニューヨークの建築設計会社Peter Gluck and Partnersによるもので、1階部分には窓がなく、大切な書物を1万冊ほど収納できるスペースとなっております。そして、まるで天井だけが浮いているかのようにも見える2階部分が、ガラスで覆われた書斎スペースになっています。




建物の縦、横、高さはそれぞれ20ft.(約6m)。正立方体となっています。ガラス窓の部分はスライドさせてフルオープンすることもでき、森の空気を直接感じることも出来ます。まるで森の賢者にでもなった気分です。

こんなところで仕事が出来れば最高だと思いますが、もの凄くはかどるか全くやる気が起きないかのどちらかな気がします。

Have a wooded lot? Time to build a forest book nook! [via trendir]

この記事をシェアする:

最近投稿した記事

神戸生まれ。アート/インテリア/ライフスタイルを中心に様々なメディアで執筆活動を続けるフリーランスライター。数十社以上のメディアでの企画/編集/執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。幅広いフィールドで執筆活動を続けている。執筆記事一覧はこちら

おすすめ記事